お料理

 

 

 

 

御馳走とは、本来、お客様のお食事を用意するために馬を走らせ、
食材を集めるべく走り回ってもてなしたことから、
“馳走”が用いられました。
そこに、感謝の意味が加わって、「御」がつき、今でいう「御馳走」となりました。
現代の食後のあいさつとして、「ごちそうさま。」というのは、この事に由来します。

当館では、野山に詳しい女将自らが山に赴き、
お客様のために食材を集めることも。

山菜やきのこについてなど聞かれるお客様も多く、
女将との四方山話を楽しみに、遠方から来られるお客様も数多くいらっしゃいます。

*お品書きは、季節によって異なっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お食事処は、天然の吉野杉を使用しております。
実は、この木は当館敷地内から伐採したもの。
夕食時は淡い光の中で。
朝食時は、さんさんと日の光を浴びた、光輝く緑を眺めながら。
足を伸ばして、ゆったりとお食事を楽しむことが出来る空間です。
何よりも、木は、そこにいるだけで自然の面影を彷彿とさせてくれます。

窓を開けていると、間違えて小鳥が中に入ってくることも・・・。

気兼ねなく、お食事をお楽しみ頂けますよう、
緑茶・コーヒーのセルフコーナーもございます。
アルコール類をお召しにならないお客様も、
きっとお食事をお楽しみ頂けることと思います。